現在の位置

紙類、布類の出し方

更新日:2016年4月1日

収集日の午前8時30分までに集積所へ出してください。
正しく分別されていないもの、指定日以外に出されたものは収集しません。
みなさんでルールを守りましょう。

紙類

【出せるもの】

  • 新聞    : 新聞、チラシ広告
  • ダンボール : 断面が波形のもの
  • 紙パック  : 牛乳や各種飲料用
  • 雑誌    : 書籍、週刊誌、単行本など
  • 雑がみ   : 菓子等の箱、包装紙、封筒、コピー紙、金紙、銀紙、紙皿、紙コップなど


【出し方】

分類ごとに、それぞれひもで縛って出してください。

  • 紙パックは水洗いし、切り開いて乾かしてください。
  • ビニール、セロハンは取り除いてください。
  • 小さな紙などは封筒などに入れてください。
  • 雨の日は次の収集日に出してください


【リサイクルできないもの】(「燃やすごみ」で出してください。)

  • 汚れたままの紙類
  • 写真(印画紙)
  • ロービキ紙
  • 油紙
     

布類

【出せるもの】

  • 衣服(コート、ジャンパー(革製品を含む)、セーター)など
  • タオル、シーツ、カーテン、毛布
  • 靴下、下着、帽子、マフラー、着物、袴


【出し方】

透明や半透明の袋又は指定袋(プラスチック製容器包装用)に「布類」と表示して出してください。

  • 雨の日は次の収集日に出してください。
  • マクラ、玄関マット、きれはし、綿の入ったものは、「燃やすごみ」で出してください。
  • ふとん、じゅうたん、カーペットは、「粗大ごみ(有料)」で出してください。

 

関連リンク

紙のリサイクルについて(古紙再生促進センター)

お問い合わせ先
市民環境経済部 環境課 きれいなまちづくり班
〒270-1492 千葉県白井市復1123番地
電話番号:047-492-1111
ファックス:047-492-3070
お問い合わせはこちらから