現在の位置

富塚鳥見神社本殿(市指定文化財)

更新日:2015年3月1日

印刷する

(画像)富塚鳥見神社本殿(市指定文化財)その1

種 別 

有形文化財(建造物)  

所在地

富塚  

附指定

棟札5枚(銘 慶安三年、享保十九年、寛政九年、文化九年、明治八年)

玉垣1棟(銘 弘化四年)

概要

 富塚地区の産土様で、創建の時期は不明ですが、慶安三年(1650年)、享保十九年(1734年)、寛政九年(1797年)、文化九年(1812年)、明治八年(1875年)の五枚の棟札が残っています。本殿の建造・修築の来歴がはっきりとしている貴重な神社建築です。現在の本殿は文化九年(1812年)のものと考えられ、一間社流造で、総ケヤキの素木造です。本殿の随所には壮麗な彫刻が施されています。庇柱は県内でも類例の少ない竜の巻き付いた意匠が彫刻され、壁三面は全て二十四孝を題材とする彫刻で飾られています。大工は地元神々廻出身と考えられる笠井杢之直で、彫工の竹田重三郎は左甚五郎の系譜の名工です。市内を代表する神社建築のひとつです。         

(画像)富塚鳥見神社本殿(市指定文化財)その2

 屋根はもともと草葺でしたが明治八年(1875年)に銅板葺に改修されました。現在の浅瓦葺への改修は最近のものです。
 本殿と合わせて棟札5枚、本殿を巡る玉垣(弘化四年(1847年)造)についても関連性の高い資料として附指定しました。 

用語解説

棟札 (むなふだ)

工事の由緒、建築の年月、建築者または工匠の名などを記した木札。

一間社流造 (いっけんしゃながれづくり)

一間社: 正方形の建物で、各面が柱が2本、壁が1面で構成された社殿。柱間により三間社…となります。
流造 : 切妻造(ハの字形の屋根)の前側の屋根が、反りながら長く伸びて庇もかねた造りになっているもの。 

庇・庇柱 (ひさし・ひさしばしら)

出入り口に設けた本屋から外側に差し出した小屋根。流造では庇のかわりに屋根がせり出しているので、屋根を支える庇柱が手前に両側2本立てられています。

素木造 (しらきづくり)

削った白木のまま何も塗っていない材木でつくられたもの。

二十四孝 (にじゅうしこう)

中国で古今の孝行な人24人を選んだもの。24の説話が伝わります。

•附指定 (つけたりしてい)

指定文化財の重要な関連資料を付随して指定。

玉垣 (たまがき)

神社の周囲に設ける垣。鳥見神社では石製。
 

白井市の歴史・文化財

お問い合わせ先
教育委員会 生涯学習課 文化班
〒270-1492 千葉県白井市復1123番地
電話番号:047-492-1123
ファックス:047-492-6377

お問い合わせはこちらから