現在の位置

議会の仕事

更新日:2015年3月1日

議決

市政を進めていく上で重要な案件(問題)について、市議会は「白井市の意思」を決定する役割があります。この議会による意思決定を「議決」といいます。
市議会が議決する主なものは次のとおりです。

主な議決事項

・条例の制定または改廃すること

・予算を定め決算を認めること

・条例で定める契約の締結や財産の取得または処分に関すること

選挙・同意

議長、副議長、選挙管理委員などを選挙で選んだり、市長から提出される副市長、監査委員、教育委員などの人事案件について同意するかどうかを決めます。

市政のチェック

市政が正しく運営されているかどうか市の仕事を調査したり、問題点を指摘します。一般質問を行って市政をただすのも、その方法の一つです。そのほか、市の事務についても調査することができますが、この場合は重要な事柄なので議決をしなければ行うことができません。

請願・陳情の審査

市政について市議会に要望する方法として請願や陳情があります。受理した請願は関係の委員会で審査し、その内容は本会議で報告され、最終的な結論(採択・不採択)が出されます。
白井市においては、市民からの陳情は、その内容に応じて請願と同じく扱う場合があります。

意見書・要望書の提出

市民生活に重要な事柄であっても、それが国や県の仕事であって市の力だけでは解決できないこともあります。このようなときには、市議会の意思として、国会や関係行政機関に対して意見書や要望書を提出して積極的な解決を求めています。

お問い合わせ先
議会事務局
〒270-1492 千葉県白井市復1123番地
電話番号:047-492-1111(5571から5573)
ファックス:047-492-1629

お問い合わせはこちらから