ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん予防)ワクチン定期接種について

令和4年度に定期接種対象となる方へ個人通知を発送しました。

ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん予防)ワクチン定期接種の積極的勧奨の再開について

ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん予防)ワクチン(以下HPVワクチン)の定期接種については、ワクチンとの因果関係が否定できない持続的な疼痛等がHPVワクチンの接種後にみられたことから、平成25年6月14日から副反応の発生頻度等が明らかになり適切な情報提供ができるまでの間、国の通知に基づき定期接種の積極的勧奨を差し控えてきました。

令和3年11月26日第26回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会において、これまでのHPVワクチンの接種状況や積極的勧奨の差し控えにより接種機会を逃した方への対応が審議され、引き続きHPVワクチンの安全性の評価を行っていくことやHPVワクチンについての情報提供を充実させていくことなど、今後の方向性を踏まえ、積極的勧奨の差し控えを終了し、令和4年4月より接種対象者に対する個別の接種勧奨を順次実施していくことが示されました。
接種と副反応の因果関係が否定されたわけではありませんが、接種による有効性が副反応のリスクを上回ると判断されたためです。

これまでの積極的勧奨の差し控えにより接種機会を逃した方への救済策(キャッチアップ)については、今後厚生労働省の予防接種・ワクチン分科会で議論されますが、国の方針が決まり次第、お知らせします。

定期接種といっても接種自体は強制ではありません。HPVワクチンの有効性(効果)とリスクについてよく理解し、保護者の方と接種を受けるご本人とでよく相談し、納得したうえで接種を受けるようにしましょう。

※積極的勧奨の差し控えることになったワクチンと今回再開となるワクチンは同一のもので新しいワクチンではありません。

※積極的勧奨の見合わせ期間に接種機会を逃してしまった人は、定期接種の年齢を超えて接種を受けることができるキャッチアップ接種を実施します。対象となる方へは準備が整いましたら、個別に通知を発送します。また、キャッチアップ接種開始前に任意接種として自費でワクチン接種を受けた方への償還払いについても検討中です。ワクチン接種を受けた証明や領収書などは大切に保管しておいてください。

ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん予防)ワクチンについて

ヒトパピローマウイルス感染症について

ヒトパピローマウイルス(HPV)は、性体験のある女性であれば50%以上が生涯で一度は感染するとされている一般的なウイルスです。100種類以上の遺伝子型があるHPVの中で、子宮頸がんの約50~70%は、16型、18型の感染が原因とされています。

HPVに感染しても、多くの場合ウイルスは自然に排除され、検出されなくなりますが、一部が数年から十数年かけて前がん病変の状態を経て子宮頸がんを発症します。

ワクチンでHPV感染を防ぐとともに、子宮頸がん検診によって早期に発見治療することで、完治することが望めます。
がん検診の対象になったら、検診を受けるように心がけましょう。
 

子宮頸がん予防ワクチンについて

現在、定期接種として接種できるワクチンは、子宮頸がん患者から最も多く検出されるHPV16型及び18型を予防できる2価ワクチン(サーバリックス)と尖圭コンジローマや再発性呼吸器乳頭腺症の原因ともなる6型、11型も加えられた4価ワクチン(ガーダシル)があります。
HPVワクチンを接種することでHPV16型と18型の感染を防ぐことができます。そのことにより、子宮頸がんの原因の60~70%を防ぎます。
HPV未感染者を対象とした海外での報告は、感染及び前がん病変の予防効果に関して両ワクチンとも高い有効率が示されています。初回性交前に接種をすることが推奨されています。

ただし、ワクチンを受けたから子宮頸がんに罹らないわけではありません。
定期的に子宮頸がん検診を受けるようにしましょう。

ワクチンの接種方法

※どちらのワクチンも3回接種が必要で、筋肉注射となります。

ワクチンの接種方法一覧
対象年齢 標準接種年齢 ワクチン 接種間隔

小学校6年生~
高校1年生相当の女子

中学1年生

サーバリックス
(2価)

●1回目接種後1か月の間隔をあけて2回目
●1回目接種後6か月の間隔をあけて3回目接種
(1回目から1か月以上の間隔をあけて2回目を接種した後、1回目から5か月以上、かつ2回目から2か月半以上の間隔をあけて3回目を接種してもよい)

ガーダシル
(4価)

●1回目接種後2か月の間隔をあけて2回目接種
(1回目から少なくとも1か月以上あける)
●1回目接種から6か月の間隔をあけて3回目接種
(2回目から少なくとも3か月以上あける)

※HPVワクチンは合計3回接種しますが、1回目、2回目接種後に気になる症状などが現れた場合は、2回目以降の接種をやめることができます。

子宮頸がん予防ワクチンの副反応について

子宮頸がん予防ワクチン接種後の副反応として、接種部位の痛み、発赤、腫れなどの局所症状や発熱、倦怠感などの全身症状の報告があります。ほとんどの場合が、短期間で症状が消失します。
まれにですが、重い症状(アナフィラキシーなどの思いアレルギー症状、手足に力が入りにくいギランバレー症候群などの神経系の症状)が起こることがあります。

因果関係にかかわらず、HPVワクチン接種後に生じた症状として報告があったのは、接種1万人あたり9人です。うち、重篤(入院相当以上の症状などが含まれます)と判断されたケースは接種1万人あたり、5人です。

子宮頸がん予防ワクチン接種後に持続的な疼痛や倦怠感、疲労感、月経痛、手足の動かしにくさや不随運動などの症状が複合的に起こり、明確な治療方法もなく、現在も回復せずに、日常生活に支障をきたしている事例もあります。
当市においても重篤な症状で日常生活が困難な事例の報告があります。

接種後体調に異常がみられた時には

●まずは、接種を受けた医療機関を受診してください。
都道府県において、「ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種後に生じた症状の診療に係る協力医療機関」を選定しています。協力医療機関の受診については、接種を受けた医師又はかかりつけ医師の紹介状や診療情報提供書などが必要です。
※紹介状や診療情報提供書等がない状態で受診した場合、診察が受けられなかったり、別途料金が発生する場合があります。

●不安や疑問に思うことがあるとき、困ったとき
各都道府県において、衛生部局と教育部局の1箇所ずつ「ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種後に症状が生じた方に対する相談窓口」を設置しています

ワクチン接種については効果とリスクをよく理解して、接種を受けるかの判断をしてください。

この記事に関するお問い合わせ先

健康子ども部 健康課 保健予防係
〒270-1492 千葉県白井市復1123番地
電話番号:047-497-3495
ファックス:047-492-3033
お問い合わせはこちらから