現在の位置

入院時の食費・居住費について

更新日:2018年4月1日

印刷する

入院したときは、食事代などの負担があり、負担額は所得区分に応じて以下のとおり定められています。

なお、所得区分が「区分1、区分2、区分2(長期該当)」の人は、入院する際に「限度額適用・標準負担額減額認定証(減額認定証)」の提示が必要となりますので、事前に保険年金課に申請のうえ、交付を受けてください。

療養病床以外の病床に入院するとき

入院中の食事にかかる費用のうち、1食あたり以下の標準負担額が自己負担額となり、残りは千葉県後期高齢者医療広域連合が負担します(食事療養費)。

療養病床以外の病床に入院するときの入院時食事代の標準負担額
自己負担
の割合
所得区分 1食あたり
の食費
3割 現役並み所得者 460円(注釈)
1割 一般
区分2 90日までの入院 210円
区分2(長期該当) 過去12か月の間で減額認定証を受けていた期間の入院日数が90日を超える入院 160円
区分1 100円

(注釈)
所得区分が「区分1」「区分2」以外の指定難病の人、所得区分が「一般」の人で平成28年4月1日時点で既に1年を超えて継続して精神病床に入院している人(合併症などにより転退院した場合で、同日内に再入院する人を含む)は260円。

療養病床に入院するとき

長期の療養の場合、療養病床入院時の食費(1食あたり)と居住費(1日あたり)の自己負担額は以下の標準負担額となり、残りを千葉県後期高齢者医療広域連合が負担します(生活療養費)。

入院の必要性が継続する人(人工呼吸器、静脈栄養が必要な人や難病の人など)や回復期リハビリテーション病棟に入院している人は、居住費の負担はかからず、「療養病床以外の病床に入院するときの入院時食事代の標準負担額」と同額を負担します。

療養病床に入院するときの食費・居住費の標準負担額
自己負担
の割合
所得区分 1食あたりの食費 1日あたり
の居住費
3割 現役並み所得者

460円

保険医療機関の施設基準などにより、420円となる場合もあります。

370円
1割 一般
区分2 210円 320円
区分1 130円 320円
区分1(老齢福祉年金受給者) 100円 0円

 

関連リンク

所得区分について

限度額適用・標準負担額減額認定証について

千葉県後期高齢者医療広域連合ホームページ

お問い合わせ先
健康子ども部 保険年金課 保険年金班
〒270-1492 千葉県白井市復1123番地
電話番号:047-401-3942
ファックス:047-491-3551

お問い合わせはこちらから