現在の位置

空家等は適切に管理しましょう

更新日:2016年8月16日

空家等対策の推進に関する特別措置法が施行されました

 平成27年5月26日に「空家等対策の推進に関する特別措置法」が全面施行されました。

 空家等の所有者又は管理者は、周辺の生活環境に悪影響を及ぼさないよう、空家等の適切な管理に努めるものとされております。

 また、この法律に基づき、「特定空家等」とみなされた場合は、市長は、空家の所有者又は管理者に対して必要な措置をとるよう助言、指導、勧告又は命令などができるとされております。

 

「空家等」・「特定空家等」とは

 空家等対策の推進に関する特別措置法では、「空家等」・「特定空家等」を次のように定義しております。

【空家等】

 建築物又はこれに附属する工作物であって居住その他使用がなされていないことが常態であるもの及びその敷地(立木その他の土地に定着するものを含む。)

【特定空家等】

 以下の状態にあると認められる空家等

  1. そのまま放置すれば倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状態
  2. そのまま放置すれば著しく衛生上有害となるおそれのある状態
  3. 適切に管理されていないことにより著しく景観を損なっている状態
  4. その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態

 

空家等の適正な管理は所有者等の責任です

 空家等の管理は、その所有者又は管理者が自己の責任において行うことが原則です。

 空家等を管理不全の状態で放置した結果、家屋の倒壊等により他人に被害を与えた場合には、空家等の所有者又は管理者が責任を問われる可能性があります。

 空家等を所有又は管理をする方には、定期的な確認や必要な修繕、解体撤去、樹木の伐採、除草等の対応をお願いいたします。

 また、空家等の有効活用等もご検討ください。

 

これから空き家を所有する可能性がある方へ

いざ自分が管理すべき空き家を目前にすると・・・

  • 遠方に住んでいて、自分では管理できない。
  • 修繕が必要になっても、多額の費用はかけられない。
  • 売却などを検討するにも、権利関係が整理できない。
  • 固定資産税などの税金の負担が重く、滞納してしまう。
  • 建物の傷みが進み、手が付けられない。
  • 解体するにも、費用が捻出できない。
  • 自分には関係ないと目を背ける。(関係者間で責任の押し付け合いをする。)

このようなことにならないためにも

◎所有者や親族などと話し合い、空き家になったときのことを事前に決めておく。

  • 空き家を管理する人、管理の費用を負担する人、空き家の管理の方法。
  • 売却や賃貸をするのか、解体をするのか、そのまま維持管理をするのか。

◎権利関係を管理しておく。

  • 相続など権利関係の手続きが完了していないと、売却などはできません。

あなたの空き家大丈夫ですか?(PDF:2.3MB)

相続登記・法律相談窓口

千葉司法書士会

〒261-0001 千葉市美浜区幸町2-2-1

電話:043-246-2666

市内の不動産会社の紹介窓口

白井市商工会

〒270-1422 千葉県白井市復1458

電話:047-492-0721 ファックス:047-491-9884

売買・賃貸等の利活用相談はお近くの不動産会社へご相談ください。

管理業務等相談窓口

公益社団法人 白井市シルバー人材センター

〒270-1415 千葉県白井市清戸765-2

電話:047-498-1717 ファックス:047-498-2888

関連リンク

相続した空き家の譲渡所得3,000万円の特別控除について

公益社団法人白井市シルバー人材センターと「空き家等の適正な管理の推進に関する協定書」を締結しました

お問い合わせ先
環境建設部 建築宅地課 建築班
〒270-1492 千葉県白井市復1123番地
電話番号:047-492-1111(内線:3221、3222)
ファックス:047-491-3510

お問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。