現在の位置

法目のオビシャ(市指定文化財)

更新日:2017年3月29日

法目のオビシャ

種別

無形民俗文化財

所在地

復(法目)

概要

 法目のオビシャは毎年1月15日に八幡神社で行われ、星状の文様に「鬼」と書かれた的を、ガマズミの木で作った弓で射ることで、その年の豊凶を占います。

 法目のオビシャは市内を代表するオビシャ行事です。

用語解説

オビシャ

 オビシャとは、漢字で「歩射」とも書かれ、的を弓で射てその年の豊凶を占い、また、前もって豊作を祝う予祝儀礼であると共に、邪悪なものが外から侵入しないように願う破魔の意味もあるといいます。

関連リンク

白井市の歴史・文化財

お問い合わせ先
教育委員会 文化課
〒270-1422 千葉県白井市復1148-8(文化センター2階)
電話番号:047-492-1111(内線:5501)
ファックス:047-492-8030

お問い合わせはこちらから