夏季の節電へのご協力のお願い

電力需給の状況

厳しい暑さが続く中、東京電力管内の電力需要は、東日本大震災以降、最も高い水準で推移しています。

今後も厳しい暑さが見込まれており、電力需給は厳しい状況が続くことが想定されます。

 

「電力需給ひっ迫注意報・警報」とは

電力需給状況が極めて厳しくなると予想される際に発表される情報です。

前日の午後4時段階で翌日のエリアの需給状況がひっ迫し、予備率が5%を下回る場合に「電力需給ひっ迫注意報」が、予備率が3%を下回る場合に「電力需給ひっ迫警報」が発令されます。

前日の段階で「電力需給ひっ迫注意報」が発表されていたとしても、現状の見通しよりもさらに気温が上昇したり、突然の電源トラブルがある場合、予備率が最低限必要な3%を下回り、「電力需給ひっ迫警報」が発令されることもあります。

 

※「予備率」とは、エリアの需給状況を示す指標です。

予想される供給力から最大需要(最大電力使用量)を差し引いて、その値を最大需要で割った値です。電力の安定供給のためには、最低でも予備率が3%以上確保する必要があるとされています。

 

節電のご協力のお願い

熱中症にならないよう、暑い時間帯には引き続き冷房等を活用しつつ、照明の間引きや、使用していない機器の電源を切る、使用していない照明を消すなど、無理のない範囲での節電をお願いします。

特に、太陽光発電の出力が低下し、需要が高水準である15時~18時の時間帯には、冷房等を活用し、熱中症には十分に注意しつつ、できる限りの節電をお願いします。

 

【節電方法の例】

〇エアコン:室内の冷やしすぎに注意し、無理のない範囲で室温を上げましょう。

〇照明:リビング等の部屋の明るさを下げましょう。不要な照明は消しましょう。

〇冷蔵庫:冷やしすぎを避け(温度設定「強」→「中」)、扉を開ける時間を減らし、食品を詰め込みすぎないようにしましょう。

〇テレビ:省エネモードに設定して、画面の輝度を下げましょう。見ていない時は消しましょう。

 

以下のサイトに具体的な節電の取組を掲載されていますので参考にしてください。

市の取組については、詳細を白井市環境基本計画で掲載しております。また、計画書の概要版を作成しましたので、「白井市第3次環境基本計画 概要版」・「白井市第3次環境基本計画 子ども用概要版」をご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

市民環境経済部 環境課 環境保全係
〒270-1492 千葉県白井市復1123番地
電話番号:047-401-5409
ファックス:047-492-3070
お問い合わせはこちらから