令和3年8月2日から、ナッシー号の運行ルート・ダイヤを改正します

ダイヤ改正タイトル

市のコミュニティバス「ナッシー号」は、交通空白地の解消や高齢者の移動手段の確保などを目的として、平成12年度に本格運行を開始して以降、さまざまな見直しを重ねながら、市内全域をカバーするように運行をしています。

利用しやすく持続可能な地域公共交通網を形成するため、市民・交通事業者・学識経験者などで構成された協議会で運行ルート・ダイヤの見直しについて議論を重ね、令和2年9月に実施したパブリックコメントの意見なども踏まえ、8月2日(月曜日)から新たな運行ルート・ダイヤでの運行を開始することとなりました。

新しいルート図及び時刻表について

白井市コミュニティバス「ナッシー号」ルート図(令和3年8月2日から)(PDFファイル:2.1MB)

なお、新しいルート図及び時刻表は、令和3年6月1日(火曜日)から市役所や各センター・バス車内などで配布します。

これまでの課題

  • 網羅性を重視してきた結果、運行本数や、速達性などの利便性が十分でない。

  • 民間の路線バスと重複する区間があり、市内の持続可能な交通ネットワークを形成するため、民間の交通サービスを含めた市内交通全体の最適化を考える必要がある。

主な改正点

1 運行の方法・ルートを変更します

(1)始点と終点が同じ「循環型」から、始点と終点が異なる「ピストン型」で運行するとこで、速達性を向上させます。

循環からピストンへ

(2)民間バスとの重複や他に交通手段があるバス停は見直し、より効率的なルートとします。

公共交通の役割分担

図 各公共交通の役割分担

市内の公共交通は、それぞれの持つ特性に応じた適切な役割分担と連携による効果的な公共交通ネットワークを形成しています。

今回の改正では、市内公共交通の最適化を目指したルート・バス停配置とします。

※廃止・移動するバス停については、下記ページをご確認ください。

 

(3)白井駅・西白井駅の両方を発着するルートを設定し、市内移動のアクセスの向上を図ります。

改正前は、白井駅と西白井駅の両方に停まるバスは北ルートのみでしたが、改正後から北ルートに加え西ルート及び南ルートが両駅に停まるようになり、市内移動のアクセス向上を図ります。

駅を通る図

2 運行本数を増やします

(1)現行の1日40便から1日61便に増便(約1.5倍)し、運行本数を増加させます

東ルート[市役所-(南山・神々廻地区経由)-千葉ニュータウン中央駅]

現行の8便から13便へ増便

西ルート[市役所-(七次台・西白井・大松地区経由)-西白井駅]

現行の14便から15便へ増便

※西ルートの増便数は+1と他のルートに比べ少ないですが、これは元々14便と他のルートよりも多い便数が運行していたため、市全体の利便性向上や公平性・バランスに配慮したものです。

南ルート[市役所-(池の上・堀込・冨士地区経由)-西白井駅]

現行の9便から13便へ増便

北ルート[市役所-西白井駅-(平塚今井地区もしくは工業団地経由)-千葉ニュータウン中央駅]

現行の9便から20便へ増便

※北ルートの増便数は+11便と、他のルートに比べ多くなっていますが、これは北ルートには元々路線バスが運行する区間がほとんどないこと、また、見直し後の北ルートは、途中で「平塚・今井」経由のルートと「工業団地」経由のルートに分かれることが、白井第2小学校へ通う児童の足を確保するため、登下校時間帯は終点まで行かず途中で折り返すルートが含まれていることから、他のルートより多く増便となっています。

(2)夏休みなど学校休業日に運休していた北ルートの一部の便を、今後は学校休業日でも運行します

新鎌ヶ谷方面の廃止について

はじめに

新鎌ヶ谷方面へのルートは、平成20年1月の改正時から運行を開始し、多くの利用がありますが、ナッシー号全体の増便を求める声や運行を開始した当時から交通事情が変化してきていることなどから、今回の改正で廃止します。

廃止するメリット

市内から新鎌ヶ谷方面までのバスの所要時間は往復で約30分です。現在1日に14便運航しているので廃止により、1日約420分の運行時間が確保でき、その分ナッシー号全体の便数を増やすことができます。

民間の路線への影響

少子高齢化による人口減少や自家用車への依存度が高いことなどにより利用者が減少し、民間の交通事業者の存続が危ぶまれており、利用者の多い区間を行政が安い運賃で運行してしまうことは、市内全体の交通ネットワークの持続性を損なうことになりかねません。現在では、民間の路線バス2路線が新鎌ヶ谷方面への運行を開始しており、この考え方の重要性が増してきています。

今後の検討 このような状況を踏まえ廃止の判断をしたものですが、新鎌ヶ谷方面への移動、とりわけ通院に対する切実なニーズがあることを踏まえ、引き続き、新たな方策を検討していきます。

回数券の払い戻しについて

ルート改正を理由に回数券が不要になった場合に限り、無料で払い戻しできます。回数券左上の英字(下図参照)を確認し、以下の場所で手続きしてください。

R→ちばレインボーバス株式会社白井車庫

S→船橋新京成バス株式会社(鎌ヶ谷営業所)

回数券

この記事に関するお問い合わせ先

都市建設部 都市計画課 交通政策班
〒270-1492 千葉県白井市復1123番地
電話番号:047-401-4695
ファックス:047-492-3070
お問い合わせはこちらから