中小企業等経営強化法に基づく「導入促進基本計画」及び「先端設備等導入計画」について

概要

「先端設備等導入計画」は、中小企業等経営強化法に規定された中小企業者が、設備投資を通じて労働生産性の向上を図るための計画です。
この計画は、市区町村が国から「導入促進基本計画」の同意を受けている場合に認定を受けることができます。認定を受けた場合は税制支援などの支援措置を受けることができます。

導入促進基本計画

白井市は令和3年6月23日付で「導入促進基本計画」の変更同意を国から得ました。
【概要】
労働生産性に関する目標:年平均3%以上向上すること
先端設備等の種類:中小企業等経営強化法施行規則第7条第1項に定める先端設備等全て
※ただし、太陽光発電設備等の再生可能エネルギー発電設備については、雇用拡大等の観点から、市内に所在する事業所等(雇用者が常駐するものに限る。)の敷地内に設置されるもののみ対象とする。
なお、この場合における再生可能エネルギー発電設備とは、「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法(平成23年法律第108号)」第2条第3項に規定された「再生可能エネルギー発電設備」を指す。
対象地域:白井市内全域
対象業種・事業:全業種・幅広い事業
先端設備等導入計画の計画期間:3年間、4年間、5年間

支援措置

固定資産税の軽減

先端設備等導入計画に基づき取得した先端設備に対し、本来課税される固定資産税が最大3年間軽減されます。
※白井市では、労働生産性の加速を後押しするため、本制度による固定資産税の
課税標準の特例率を「零(ゼロ)」としました。
令和2年5月より、本特例の対象設備に、事業用家屋と構築物が追加されたととも
に、2021年3月末までとなっている適用期限が2年間延長となりました。

軽減に必要な書類

設備を取得した翌年の1月31日までに下記の書類を償却資産申告書と合わせてご提出ください。

1.工業会等証明書の写し
2.先端設備等導入に係る認定申請書類一式の写し
3.先端設備等導入に係る認定書の写し

要件により提出書類が異なり、また今後提出書類の追加もしくは変更が生じる場合がありますので担当までお問い合わせください。

資金繰りの支援

設備の導入にあたり必要な経費について、通常とは別枠で信用保証を受けることができます。
※融資には、別途金融機関等の審査が必要です。

補助金における優先採択

認定事業者に対し、下記補助金で優先採択(審査時の加点や補助率の上昇等)される場合があります。
※令和2、3年度補助金では更新日現在、国から優先採択はないことが示されています。

手続きの流れ

1.各事業者が「先端設備等導入計画」を作成。
必要書類を添付し、経営革新等支援機関にて確認。
経営革新等支援機関・・商工会議所、商工会、中央会、地域金融機関等

2.経営革新等支援機関の「確認書」発行。

3.市に、「先端設備等導入計画」「確認書」「その他必要書類」等を提出。
※上記白井市制度概要内にあります「(1)申請に必要となる書類」をご確認ください。

4.市が審査し、認定後に「認定書」を交付。
※着工、機械設備等の購入は認定書交付後でなければ軽減対象となりません。

申請様式・詳細等

申請様式や詳細等は、中小企業庁のホームページで確認してください。

この記事に関するお問い合わせ先

市民環境経済部 産業振興課 商工振興係
〒270-1492 千葉県白井市復1123番地
電話番号:047-401-4641
ファックス:047-491-3554
お問い合わせはこちらから