合併処理浄化槽を設置する方への補助金について

【重要】令和4年度補助事業について

令和4年度の合併処理浄化槽設置整備事業による補助金の交付については、現在、想定を上回る申請が来ており予算の確保ができていないことから、一時的に申請の受付を終了させていただきます。

つきましては、予算の確保ができ次第、受付を再開いたしますので、ご迷惑をおかけしますが、受付再開までしばらくお待ちください。

 

「合併処理浄化槽設置補助金」が上乗せされます

合併処理浄化槽設置整備補助金は、単独処理浄化槽または汲み取り便所から、合併処理浄化槽に転換設置する場合、補助金額が次のとおり上乗せされます。詳細はお問い合わせください。

・ 撤去工事に対する補助 18万円

・ 配管工事に対する補助 (汲み取り槽から転換)10万円

・ 配管工事に対する補助 (単独槽から転換)30万円

・ 合併処理浄化槽N10型(高性能)の設置に対する補助 20万円

合併処理浄化槽設置整備補助金について

印旛沼や手賀沼などの水質汚濁の防止のため、し尿だけではなく、生活雑排水も適正処理できる高度処理型の合併処理浄化槽を設置する方に、白井市合併処理浄化槽設置整備事業補助金を交付しています。

1.補助金の交付対象者

  下水道処理区域外(補助対象区域)で、自己の居住用の住宅に合併処理浄化槽を設置する方
  但し、次のいずれかの条件に該当する場合は、補助金の対象外になります。

  1. 法第5条第1項に基づく設置届出の審査又は建築基準法(昭和25年法律第201号)第6条第1項に基づく確認を受けずに合併処理浄化槽を設置する者
  2. 建物の新築又は建替えに伴い、高度処理型合併処理浄化槽を設置する者
  3. 住宅を借りている方で、住宅の所有者の同意を得られない場合
  4. 市町村税を滞納している場合
  5. 申請した年度の3月15日までに完了検査が終了しない場合

2.補助金額及び補助対象の合併処理浄化槽

補助金額及び補助対象の合併処理浄化槽については、次の表を参照してください。

3.補助金の交付を受けた方の義務

 補助金の交付を受けて合併処理浄化槽を設置した方は、5年間、維持管理の状況を市の環境課に報告しなければなりません。
  報告は、次の書類の写しを1年毎に提出となります。

  1. 浄化槽の保守点検業者から報告を受けた維持管理報告書
  2. 浄化槽法第7条及び第11条に規定する水質検査の結果報告書
  3. 浄化槽を清掃した日のわかる領収書等

 また、千葉県では、浄化槽の補助金を受ける方は、保守点検業者に水質検査の受検手続きを代理して行わせる契約(浄化槽維持管理の一括契約)を行わなければなりません。
  この契約書の写しを、補助金を受ける前に市に提出する必要があります。
  詳細については、次の「浄化槽一括契約制度(千葉県システム)」を参照してください。

4.補助申請の受付期間、申請書類等

(1)申請期間
  当該年度の  4月1日から 12月28日 まで
   但し、 予算が無くなり次第、上記期間に関係なく受付終了 となります。
   なお、予算の確保ができた場合は、受付を再開します。

   受付の終了及び再開は、ホームページ上でお知らせします。

 (2)申請書類
  申請書類等については、市要綱の第6条(交付申請)及び別記第1号(実績報告書)様式を参照してください。

(3)交付決定と工事着手について
 交付決定が出る前に浄化槽設置工事に着手した場合は、補助金が交付されなくなります。
  必ず、交付決定が出てから、工事に着手してください。

この記事に関するお問い合わせ先

市民環境経済部 環境課
〒270-1492 千葉県白井市復1123番地
電話番号:047-492-1111
ファックス:047-492-3070
お問い合わせはこちらから